着せ方ガイド                          着流しの着せ方はこちらから

モデルはSD13少年ボディです。
ウエストから胸周りに収縮包帯を巻いてあげると綺麗に着せられます。

SD少女・SD13少女にも巻いて下さい。

SD16少女にはSD13少年用で、襟が開き気味ですが着用可能です。
着用の際は、ウエスト部分が寸胴になるまで巻いてあげて下さい。

こんな感じ。



お引き摺り着物の着せ方


 ペチコートを巻き、上着を着せます。   
襟は縫い止めてあります。

袖を通すと、こんな感じです。
 2 マジック釦が付いてますので、位置通りに合わせて下さい。
  マジック釦を留めたら裾を揃えて下に引っ張るとピシッとします。
(↑部分と後ろ裾を引っ張る)

3 横から見た所です。
襟が抜けるように作製していますので、
襟を抜かないで着る事はできません。

4 巻きスカートを合わせます。
 画像はマジック釦ですが、マジックテープがほとんどです。
  スカート丈が長すぎる場合は、
内側に折り込んで紐等で固定してください。

5 飾りの帯揚げを先に付けます。
(画像のような真ん中で結びがある帯揚げのみ)

真ん中に綿が入っているタイプは帯の上から巻きます。
後ろで縛って下さい。

 帯を付けます。
  リボンは縫い付けてありますが、
たまに差し込み式の時もあります。
  マジックテープ留めです。

7  帯締をし、出来上がりです。